記事一覧

喜多流大島能楽堂体験

喜多流大島能楽堂での、能楽堂体験学習の引率をしてきました。今年は能管を初体験させて頂きましたが、音が出ないねぇ~。学生たちにとっても、貴重な機会となったと思います。...

続きを読む

奈良

奈良を巡りました。奈良には、小学校の修学旅行以来となる訪問。澄んだ空気に癒される1日でした。東大寺・大仏殿、大仏は遠近感がおかしくなったと感じてしまう大きさ。・体幹のよい仏像さま。・柱もくぐれた。・鹿たくさん。興福寺・美しい五重塔。・念願叶った千手観音と阿修羅、美しい。・鹿たくさん。法隆寺・斑鳩の空気が気持ち良かった。・夢殿は変わらず、美しかった。・鹿いない。...

続きを読む

最高で最高の、最高すぎる日本GP

【最高で最高の、最高すぎる日本GP】一粒で2度美味しい!予選と決勝が同日に行われたF1日本GPを堪能させてもらいました。全開アタックでのターン1への飛び込みは、観ていて痺れますね。そして、終了後は表彰台の真下で、シャンペンファイト!水飛沫がすぐそこまで飛んできました!人と人との縁の素晴らしさに、ただただ感激し、これからの活力が湧いてきました。最高で、最高の、最高すぎる日本GPでした!...

続きを読む

ピアノ×サックス2

サクソフォン奏者二人とやっているトリオ・バンディッドの名古屋公演を終えました。今回は「クロスオーバー」と題して、前半にJacobTVの作文を三曲。後半に中堀海都君編曲のムソルグスキー「展覧会の絵」を演奏しました。本番は、めちゃくちゃ楽しくて、改めて音楽を誰かと一緒にやることの喜びを、深く深く感じることができました。「音で会話」するって、最高だね!最高の今日に、そして素晴らしいスタッフたちに感謝!...

続きを読む

ブラームス&ショスタコ:ヴィオラとのデュオで

ヴィオラの成田寛さんとのデュオ、無事に終わりました。15日の夜公演、16日の昼公演と2回の本番を経たのですが、やはり2回目がより深まって演奏でき、個人的には満足がいくものになりました。今回の目玉は「300年前のガット弦を張ったヴィオラ×100年前のハンブルク・スタインウェイ」での音色!!です。100年前のハンブルク・スタインウェイは僕が所有しているものですが、日頃家でしか弾くことのない楽器を演奏会場に持ち出して演奏...

続きを読む

題名発表♪その2-バッハ 平均律クラヴィーア曲集第1巻

さて、「平均律クラヴィーア曲集全曲演奏会」で募集した各作品の題名、後半編です。第13番「村の教会の結婚式」第14番「物思いにふける僧」第15番「ダンスホール」第16番「粉雪が舞い、やがて降り積もる」第17番「ロサンゼルス」第18番「カミュを読む」第19番「Afternoon Tea」第20番「静かな怒り」第21番「小犬とミツバチ」第22番「影の向こうから」第23番「ピアノ 弾いてみよう」第24番 「古い轍にねころぶ」皆さん、創造性に満...

続きを読む

題名発表♪その1ーバッハ 平均律クラヴィーア曲集第1巻

先日の「バッハ 平均律クラヴィーア曲集全曲演奏会」では、僕の演奏を聴いて頂きながら、個々の作品について皆さんに思い浮かんだ題名をつけて頂くという取り組みを行いました。というのも、能動的に聴くということが、音楽の面白さを増すことに繋がると思い、考えた企画です。邪魔に感じられる方もいらっしゃるかな…と思っていたのですが、僕の予想を超える多くの方々が題名をお寄せくださいました。その中から僕が気に入ったもの...

続きを読む

JacobTV:夢の身体を手に入れろ!日本語意訳

来月、トリオで名古屋へお邪魔します。このトリオでのコンサートはいつも「映像つき」というのが1つの特徴なのですが、今回は前半にソロで演奏する「夢の身体を手に入れろ!」について書いておきたいです。この作品は、ピアノとあらかじめDVDになっている映像グリップとで演奏するのですが、その映像音声の日本語意訳をのせておきます!あくまで意訳ですが、「なんじゃこりゃ~」と思われた方にこそ、聴いて頂きたい作品です!!...

続きを読む

アンケート報告その2

Q2 特に気に入った曲目があれば教えてください。(複数回答)第1番4票、第2番4票、第3番6票、第4番9票、第5番5票、第6番5票、第7番8票、第8番5票、第9番6票、第10番9票、第11番4票、第12番7票、第13番8票、第14番4票、第15番10票、第16番4票、第17番6票、第18番3票、第19番3票、第20番8票、第21番5票、第22番5票、第23番6票、第24番12票最も得票が多かったのが、重々しく難解な第24番というのが意外でした。曲集終盤には、家で何...

続きを読む

アンケート報告その1

「バッハ 平均律クラヴィーア曲集第1巻全曲演奏会」のアンケートをじっくり読ませていただいています。多くの方から回答を頂き、なおかつSNSなどへの公表もご了解頂きましたので、後日談として皆さんと共有したいと思います。全35名の方がご回答下さいました。Q1 本日の演奏会の感想を教えて下さい。1,とても良かった 22名2,良かった 9名3,普通 1名4,良くなかった 1名回答なし 1名選択なし記入回答 1名 「好きではなかった...

続きを読む

バッハ 平均律クラヴィーア曲集第1巻全曲演奏会

平均律クラヴィーア曲集第1巻全曲演奏会、なんとか終えました。今日の相棒は、SHIGERUくんでした。大きな強弱をもつ楽器ではないですが、木の温もりを感じる素朴な響きと、それぞれの音が分離する感覚が、よくバッハに合っていると思いました。惜しむらくは、会場には少し大きすぎるところ……。でも、それもコントロールできないとね。帰宅し、皆さんから頂戴したアンケートを、読ませてもらいました。概ね、楽しんでくださったよ...

続きを読む

日下部任良サクソフォンリサイタル

京都コンサートホール、はつかいち文化ホールさくらぴあでの2公演を、無事に終えました。譜面をもらったときは、「この曲弾けるかな……」と思っていた3曲の作品ー(エスケッシュ・酒井健治・マスランカ)ーですが、なんとか形にはできたかなと思っています。演奏や音色、プログラム選曲の美意識まで、共演した日下部君からはたくさんの刺激を受けました。何よりも今まで弾いたことのなかった新しいレパートリーを教えてもらったしね!...

続きを読む

ベルリン放送交響楽団@兵庫県立芸術文化センター

「ヘイ、ノリ!3月にベルリン放送響に帯同して、日本に行くよ。」そんなメッセージをもらったのが、去年末のこと。ベルリンでの学生時代、一緒にデュオで室内楽をしていた友達のミゲルからでした。公演をチェックしてみると、今欧州で話題のユロフスキーが指揮で、しかもソリストがアンスネス!さらにミゲルがオケでクラリネットを吹くとなれば、「行かねば、行かねば~」ということで、やってきました。開演に先立ち、ミゲルと再...

続きを読む

「サウンドスケープとユニヴァーサルデザイン」

「サウンドスケープとユニヴァーサルデザイン」と題した弘前大学の今田匡彦教授の講座に参加しました。ユニヴァーサルデザインというものをどう定義するか、そしてサウンドスケープを提唱したマリー・シェーファーが何を理想としてどんなことを目指していたのかということを学び、その後はワークショップで様々な活動に取り組みました。目から鱗の活動は、自分の教育活動にも参考になることばかりで、ワクワクしながら取り組み、最...

続きを読む

テンポ・ルバートのこと

「ルバートするということ」「テンポ・ルバート」は、「テンポが伸び縮みして」、と解釈されるものだと思います。ショパンを弾いていると、彼の「左手はまさにカペルマイスター(指揮者or音楽監督)」という言葉を思い出すんです。また、弟子には「左手は正確なテンポでコントロールして、右手は自由に歌うように」といったようなことを伝えてるんですね。彼の作品を弾いてると、左手の和声が音楽の骨格を作り、あの美しい旋律を歌わ...

続きを読む

プロフィール

Noritaka ITO

Author:Noritaka ITO
伊藤憲孝(ピアノ)
1978年生まれ。オランダ・アムステルダム、ドイツ・ベルリンで研鑽を積み、イタリアでの18th Citta di Valentino International Competitionで第1位、アメリカでのGolden Classical Music Awards International Competition第1位を受賞。日本国内主要都市をはじめ、アメリカ合衆国、ドイツ、オランダ、オーストリア、スロヴァキア、イタリア、セルビア、マレーシア、韓国など世界各国で演奏を行なっている。ローマではメディチ荘および在ローマ日本文化会館に招聘され「酒井健治ピアノ作品全曲演奏会」を行うなど、近年は同時代の作曲家の作品に積極的に取り組み、その演奏は、The New York Times(アメリカ合衆国)をはじめ、Die Neue Zeitschrift für Musik(ドイツ)、Rundfunk Berlin-Brandenburg(ドイツ)などで取り上げられている。スロヴァキア国立歌劇場管弦楽団をはじめ国内外のオーケストラとの共演。室内楽奏者として、NHK交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、ブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団、香港シンフォニエッタ、マレーシア国立交響楽団各奏者との共演など、活発に活動を行なっている。
 録音は、国内でディスク・クラシカよりCD <Beethoven, Activated>と<ベートーヴェン/リスト:交響曲第7番他>をリリース。ヨーロッパにおいては、ベルリンのKreuzberg Recordより世界初録音の4曲を収録したTrio kuのCDアルバムがリリースされている。
また、iNos Recordsよりインターネット配信限定となる<ムソルグスキー:展覧会の絵>、<ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番>がiTunes、AmazonMP3などを通して世界111ヶ国の国と地域にリリースされている。
 現在、福山平成大学准教授、エリザベト音楽大学大学院非常勤講師をつとめると同時に、マレーシアのSEGi College universityでのマスタークラス、トーキョーワンダーサイトでのワークショップなど、各地で後進の指導を行っている。

Twitter

訪問者数

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: