記事一覧

義援金送付の報告「西日本豪雨災害チャリティーコンサート」

先週の金曜日、11月16日に行いました「西日本豪雨災害チャリティーコンサート」にご来場くださった皆さま、誠にありがとうございました。 当日に皆さまからお預かりした義援金「150,000円」を、本日(11/19)「日本赤十字社平成三十年七月豪雨災害義援金」として振り込みをしてきましたので、改めて報告致しますね。 心より御礼申し上げます。...

続きを読む

西日本豪雨災害チャリティーコンサート@福山市とおり町交流館

「西日本豪雨災害チャリティーコンサート」 お陰さまで、ほぼ満席の中「西日本豪雨災害チャリティーコンサート」を終えることが出来ました。7月の豪雨災害以降、何か心に揺れ幅があるというか、僕は妙にクサクサしたりしていたのですが、会場の皆さんと音楽を共有できて、僕自身が一番元気をもらえたような気がしています。演奏は、まあぼちぼちというか、いつもながら改善点は多々ありますが、この時間を皆さんと持てたことに幸せ...

続きを読む

改めて、盲導犬チャリティーの報告です

(財)日本盲導犬協会より受領書を受け取ったので、あらためて先日の「盲導犬チャリティー・伊藤憲孝ピアノリサイタル」にご来場下さった皆さんに、お知らせさせて頂きますね。当日、三原市のサンシープラザにて皆さんからお預かりした募金「30,226円」全額を寄付させて頂き、お陰さまで累計「558,175円」を盲導犬育成のために役立てて頂いています。 欧州から戻ってきて、「仕事とは別に、音楽家として社会と関わり、真に音楽を必要...

続きを読む

森麻季さんの歌声

森麻季さんとプッチーニ ずっと生で聴いてみたかった森麻季さんの歌声を、ようやく耳にすることが出来ました。現田さん指揮の広島交響楽団との共演で↓のプログラム。 森さんは、軽やかで美しい声が魅力的ですが、何よりもオーケストラと溶け合うアンサンブルのできる音色が素晴らしかったです。特に感銘を受けたのが、プッチーニの「ドレッタの歌」とアンコールの「ムゼッタ」。声質も表情もぴったりで、オペラの場面が目に浮かぶ...

続きを読む

内田光子さんのシューベルト

倉敷で、内田光子さんのシューベルト・プログラムを聴きました。 欧州時代、アムステルダムでもベルリンでも様々なプログラムでいつも感動を与えてくれた光子さんが、日本でどんな演奏を聴かせてくれるのか、楽しみにしていました。 4番ソナタで幕を開けた演奏会ですが、最初はあれっ?という感じでした。音が生硬く、集中を欠いたような第1楽章でしたが、その後の楽章は素晴らしく、特にppからmfでの音色の美しさは比類のないも...

続きを読む

新入り猫の「わさび」

新入り猫のわさび我が家に新しい仲間がやってきました。その名も「わさび」。これまた妙な柄をしたやつで、玄とのコンビで「ヘンナガラーズ」の結成です。わさびは、保護猫活動をしていらっしゃる方から引き取らせてもらいました。自治体の保健所と連携し、殺処分を無くすことを目指している姿勢には、ただただ頭が下がります。わさびは大切に育てられたのでしょうね、五ヶ月位の月齢ですが、人懐っこく甘えん坊。気がつくと僕の膝の上...

続きを読む

演奏会のお知らせ!面白い曲も弾きますよ

The Lontano (ザ・ロンターノ=遠い二重奏)高橋望+伊藤憲孝 ジョイント・リサイタル~800キロを隔てた2人のピアノ・デュオ~埼玉県秩父市出身、ドレスデン音楽大学でペーター・レーゼルに師事した高橋望。広島県尾道市出身、ベルリン・アイスラー音楽大学でミヒャエル・エンドレスに師事した伊藤憲孝。ともに30代の中堅、2人の男性ピアニストの演奏に触れるうち「シューベルトの4手連弾『幻想曲』を彼らの連弾で聴きたい」...

続きを読む

世界初演を終えて

8月6日、宝塚ベガホール。8月7日、愛知県芸術劇場。酒井健治さんの帰国を記念しての国内巡回個展ツアーの2公演に出演しました。世界初演の2作品を含む健治さんの作品に加え、そこに編成を対比させたプーランク、ドビュッシーを挟んだプログラムは盛りだくさんで、きっとご来場下さった人たちも満足されたのではないかと思います。僕の出番は、公演の前半部分で全3曲。作曲家ご本人とのデュオで連弾作品「ミュテュアル・ポートレイ...

続きを読む

宝塚&名古屋公演のお知らせ

来週は、8/6に宝塚で、8/7に名古屋で酒井健治さんへの委嘱新作である「メロディア・ラビーレ」(サクソフォンとピアノのデュオ)に、作曲家本人とのピアノ連弾、そしてフランスから来日するアンサンブル「ハナツ・ミロワール」のメンバーとプーランクのクラリネット・ソナタを弾きます。かなり刺激的な演奏会になるはず!チケットの問い合わせは、もちろん僕まで!...

続きを読む

シェア歓迎「西日本豪雨災害チャリティーコンサート」

西日本豪雨災害から、2週間。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。11月16日(金)、福山市のとおり町交流館で「西日本豪雨災害チャリティーコンサート」を企画し演奏することにしました。その入場料の全てを、支援金として日本赤十字社に寄付させて頂きます。僕のところは家族はみな無事ですし、家や車なども水に浸かることなく過ごせています。周りは酷い箇所もあって、水浸しになってしまったお宅や道路もありました。勤務先も休講...

続きを読む

プロフィール

Noritaka ITO

Author:Noritaka ITO
伊藤憲孝(いとうのりたか)‐ピアノ

1978年生まれ。オランダ・アムステルダム、ドイツ・ベルリンで研鑽を積み、イタリアで行なわれた第18回“チタ・ディ・ヴァレンチノ”国際コンクールで第1位を受賞。日本国内主要都市をはじめ、アメリカ合衆国、ドイツ、オランダ、オーストリア、スロヴァキア、イタリア、セルビア、マレーシア、韓国など世界各国で演奏を行なっている。その演奏は、The New York Times(アメリカ合衆国)をはじめ、Die Neue Zeitschrift für Musik(ドイツ)、Rundfunk Berlin-Brandenburg(ドイツ)などで取り上げられている。スロヴァキア国立歌劇場管弦楽団をはじめ国内外のオーケストラとの共演。室内楽奏者として、NHK交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、ブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団、香港シンフォニエッタ、マレーシア国立交響楽団各奏者との共演など、活発に活動を行なっている。
 
録音は、国内でディスク・クラシカよりCD <Beethoven, Activated>と<ベートーヴェン/リスト:交響曲第7番他>をリリース。ヨーロッパにおいては、ベルリンのKreuzberg Recordより世界初録音の4曲を収録したTrio kuのCDアルバムがリリースされている。
また、iNos Recordsよりインターネット配信限定となる<ムソルグスキー:展覧会の絵>、<ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番>がiTunes、AmazonMP3などを通して世界111ヶ国の国と地域にリリースされている。
 
現在、福山平成大学准教授、エリザベト音楽大学大学院非常勤講師をつとめると同時に、マレーシアのSEGi College universityでのマスタークラス、トーキョーワンダーサイトでのワークショップなど、各地で後進の指導を行っている。

Twitter

訪問者数

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: