記事一覧

「デュオ・ロンターノ=遠い二重奏 秩父公演」



金曜日に続き、「デュオ・ロンターノ=遠い二重奏」の秩父公演。
午前中に都内の宿をチェックアウトし、池袋を経由し再び西武鉄道のレッドアローに乗り込み、秩父へと向かった。


今回の演奏会は、相方の高橋望さんと、その仲間たちが作り上げてくれたコンサート。素晴らしい人の輪が出来ていて、このような温かい企画に呼んで頂けて、とても嬉しい。


到着後、リハーサルを行ったのだが、今回のピアノは弾きにくかった。鍵盤の前で弾いていると全く音がでないように感じるのだけど、客席では鳴っていて、むしろ気を配らなくては汚い音になってしまうほどだった。
その塩梅を把握し、バランスをとるのが難しかったのだが、池田さんと調律師さんのアドバイスで、朧気ながら感覚をつかめたような気がしてリハーサルを終えた。


大丈夫なのかなあ…と不安な気持ちのまま本番を迎えた。
ところがどっこい、本番では最新の注意を払い、楽器の声を聴き、音楽を聴き、響きを聴き、とても高い集中で演奏をすることが出来た。こんなことがあるから、本番は生き物で面白い。

お客さんも温かな雰囲気で聴いてくれ、リラックスして演奏できたことも、その結果結び付いた要因のひとつに違いない。



終演後は、高橋さんのお仲間に混ぜてもらい、中華で打ち上げ!

充実した一日だった。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Noritaka ITO

Author:Noritaka ITO
伊藤憲孝(いとうのりたか)‐ピアノ

1978年生まれ。オランダ・アムステルダム、ドイツ・ベルリンで研鑽を積み、イタリアで行なわれた第18回“チタ・ディ・ヴァレンチノ”国際コンクールで第1位を受賞。日本国内主要都市をはじめ、アメリカ合衆国、ドイツ、オランダ、オーストリア、スロヴァキア、イタリア、セルビア、マレーシア、韓国など世界各国で演奏を行なっている。その演奏は、The New York Times(アメリカ合衆国)をはじめ、Die Neue Zeitschrift für Musik(ドイツ)、Rundfunk Berlin-Brandenburg(ドイツ)などで取り上げられている。スロヴァキア国立歌劇場管弦楽団をはじめ国内外のオーケストラとの共演。室内楽奏者として、NHK交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、ブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団、香港シンフォニエッタ、マレーシア国立交響楽団各奏者との共演など、活発に活動を行なっている。
 
録音は、国内でディスク・クラシカよりCD <Beethoven, Activated>と<ベートーヴェン/リスト:交響曲第7番他>をリリース。ヨーロッパにおいては、ベルリンのKreuzberg Recordより世界初録音の4曲を収録したTrio kuのCDアルバムがリリースされている。
また、iNos Recordsよりインターネット配信限定となる<ムソルグスキー:展覧会の絵>、<ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番>がiTunes、AmazonMP3などを通して世界111ヶ国の国と地域にリリースされている。
 
現在、福山平成大学准教授、エリザベト音楽大学大学院非常勤講師をつとめると同時に、マレーシアのSEGi College universityでのマスタークラス、トーキョーワンダーサイトでのワークショップなど、各地で後進の指導を行っている。

Twitter

訪問者数

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: