記事一覧

憧れのヒーロー 山本浩二

ミスター赤ヘル、山本浩二。


子どものころの僕のスーパーヒーローだった。

毎年夏になると、実家のある尾道から呉にある祖父母の家に遊びに行っていた。そして、そこからいつも父がバスに乗せて、広島市民球場へと連れていってくれていた。

座る場所はいつもコージの後ろ姿と、あの栄光の背番号8を眺めることができるセンター付近。


守備につくときの颯爽とした姿、そしてホームランをかっ飛ばす豪快なスイングは子ども心に胸をときめかせ、ドキドキしながら見てたものだ。



そんなコージもいつしか引退し、監督としてカープに戻り、指揮を取っていた時代もあった。
選手としては超一流であったことは間違いないけど、監督としてはどうなのだろう。10年の監督生活のなかで、優勝は一度だけだ。



そんな我らが赤ヘル、コージがWBCの監督として日本代表を率いるとの報道が確定的に報じられている。

おそらく大どんでん返しはないだろうから、おそらくこのままコージ・ジャパンが誕生することになるのだろう。


イチローやダルビッシュ、阿部や坂本、鳥谷らが選抜されるだろうと思われる日本代表を、コージがうまく率いていけるのか??


スーパーヒーローの大ファンとしては、楽しみよりも心配のほうが大きい。だけど、きっとコージも新しい挑戦に胸を踊らせてるんだろうのう。



頑張ってもらいたい。心から応援してるよ。三連覇、よろしく!!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Noritaka ITO

Author:Noritaka ITO
伊藤憲孝(いとうのりたか)‐ピアノ

1978年生まれ。オランダ・アムステルダム、ドイツ・ベルリンで研鑽を積み、イタリアで行なわれた第18回“チタ・ディ・ヴァレンチノ”国際コンクールで第1位を受賞。日本国内主要都市をはじめ、アメリカ合衆国、ドイツ、オランダ、オーストリア、スロヴァキア、イタリア、セルビア、マレーシア、韓国など世界各国で演奏を行なっている。その演奏は、The New York Times(アメリカ合衆国)をはじめ、Die Neue Zeitschrift für Musik(ドイツ)、Rundfunk Berlin-Brandenburg(ドイツ)などで取り上げられている。スロヴァキア国立歌劇場管弦楽団をはじめ国内外のオーケストラとの共演。室内楽奏者として、NHK交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、ブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団、香港シンフォニエッタ、マレーシア国立交響楽団各奏者との共演など、活発に活動を行なっている。
 
録音は、国内でディスク・クラシカよりCD <Beethoven, Activated>と<ベートーヴェン/リスト:交響曲第7番他>をリリース。ヨーロッパにおいては、ベルリンのKreuzberg Recordより世界初録音の4曲を収録したTrio kuのCDアルバムがリリースされている。
また、iNos Recordsよりインターネット配信限定となる<ムソルグスキー:展覧会の絵>、<ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番>がiTunes、AmazonMP3などを通して世界111ヶ国の国と地域にリリースされている。
 
現在、福山平成大学准教授、エリザベト音楽大学大学院非常勤講師をつとめると同時に、マレーシアのSEGi College universityでのマスタークラス、トーキョーワンダーサイトでのワークショップなど、各地で後進の指導を行っている。

Twitter

訪問者数

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: