記事一覧

尾道



学生たちをつれて尾道へ。

教育者を目指す彼らだが、彼らを担当しているいわゆるゼミでは、音楽のことは置いておいて、社会と自分達が目指すものの関わりといった視点で、運営を行っている。


具体的には地元の福山市の産業、歴史、教育環境など様々なことを調べ、そして歴史博物館へと足を運んだ。

そして、次なる課題として尾道についての考察を数回の講義で各自が発表し、今日、実際に尾道に行き、文学の小道を歩こうという趣向だ。



音楽はもちろんのこと、どんな職業、専門領域においても社会との関わりを意識することなく、物事を深く考えることが出来ないように思うのだ。


僕自身も、もっと勉強をしたいと思った。

コメント

僕は一人旅が好きですが、最近ではただ旅して景色を眺めるだけじゃなく、訪れた場所の伝統や歴史を調べることをしてますね。博物館や美術館があれば、そこにも行きます。
あとは~景色を眺め、そこから感じたことを音楽に反映させてます。

僕はどちらかというと集団で旅するより、一人や家族で旅するのが好きです。

Re:

えらい!
その貪欲さは、まさに、旅の醍醐味!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Noritaka ITO

Author:Noritaka ITO
伊藤憲孝(いとうのりたか)‐ピアノ

1978年生まれ。オランダ・アムステルダム、ドイツ・ベルリンで研鑽を積み、イタリアで行なわれた第18回“チタ・ディ・ヴァレンチノ”国際コンクールで第1位を受賞。日本国内主要都市をはじめ、アメリカ合衆国、ドイツ、オランダ、オーストリア、スロヴァキア、イタリア、セルビア、マレーシア、韓国など世界各国で演奏を行なっている。その演奏は、The New York Times(アメリカ合衆国)をはじめ、Die Neue Zeitschrift für Musik(ドイツ)、Rundfunk Berlin-Brandenburg(ドイツ)などで取り上げられている。スロヴァキア国立歌劇場管弦楽団をはじめ国内外のオーケストラとの共演。室内楽奏者として、NHK交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、ブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団、香港シンフォニエッタ、マレーシア国立交響楽団各奏者との共演など、活発に活動を行なっている。
 
録音は、国内でディスク・クラシカよりCD <Beethoven, Activated>と<ベートーヴェン/リスト:交響曲第7番他>をリリース。ヨーロッパにおいては、ベルリンのKreuzberg Recordより世界初録音の4曲を収録したTrio kuのCDアルバムがリリースされている。
また、iNos Recordsよりインターネット配信限定となる<ムソルグスキー:展覧会の絵>、<ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番>がiTunes、AmazonMP3などを通して世界111ヶ国の国と地域にリリースされている。
 
現在、福山平成大学准教授、エリザベト音楽大学大学院非常勤講師をつとめると同時に、マレーシアのSEGi College universityでのマスタークラス、トーキョーワンダーサイトでのワークショップなど、各地で後進の指導を行っている。

Twitter

訪問者数

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: