記事一覧

刺激的な演奏会!!




こんにちは、みなさん。

3月16日にムシカにて、現代作曲家の新作ばかり集めた演奏会を催すこととなりました。
中々、これだけの新作を一堂に会して聴くことは稀なのではないかと個人的には自負しています。

中でも注目は大御所である松平頼暁氏の漂うような新作、昨年エリザベト王妃国際コンクールで優勝した酒井健治の複雑に絡み合う構造、そして福山雅治のツアー・ディレクターとしてジャンルを軽々と飛び越える井上鑑の作品でしょうか。

現代音楽がお好きな方はもちろんのこと、それ以外の芸術に関心のおありの方々にもきっとお楽しみいただけるものと思います。

こちらのメールへのご返信で、当日受付へチケットをお預かりし、前売り料金でご入場いただけますよう取り計らいますので、お気軽にお問合せくださいませ。


■広島公演
【日時】2013年3月16日(土)15:30開場/16:00開演 
【会場】純音楽茶房 ムシカ(広島市南区西蟹屋2丁目2-11)
【プレイガイド】純音楽茶房 ムシカ、ヤマハミュージック中四国 広島店
http://www.facebook.com/events/265051146957620/


世界初演の新曲ばかりを集めました・・・何が産まれるか・・・見て、聴いてのお楽しみ

プログラム
池田圭佑:<ゴミクズ野郎にも恋人がいる>
井上鑑:<Path to Pathetique>
酒井健治:<Scanning Beethoven>
田口和行:<inner circuit>
細木原豪紀:<新作世界初演>
松平頼暁:<Aria-Bedside Moonlight/Piano from opera "the Provocators">
山田岳:<Monomania I>

チケット:前売り/2000円 当日/2500円

チケット販売:純音楽茶房ムシカ ヤマハミュージック中四国広島店

主催:伊藤憲孝ピアノリサイタル実行委員会

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Noritaka ITO

Author:Noritaka ITO
伊藤憲孝(いとうのりたか)‐ピアノ

1978年生まれ。オランダ・アムステルダム、ドイツ・ベルリンで研鑽を積み、イタリアで行なわれた第18回“チタ・ディ・ヴァレンチノ”国際コンクールで第1位を受賞。日本国内主要都市をはじめ、アメリカ合衆国、ドイツ、オランダ、オーストリア、スロヴァキア、イタリア、セルビア、マレーシア、韓国など世界各国で演奏を行なっている。その演奏は、The New York Times(アメリカ合衆国)をはじめ、Die Neue Zeitschrift für Musik(ドイツ)、Rundfunk Berlin-Brandenburg(ドイツ)などで取り上げられている。スロヴァキア国立歌劇場管弦楽団をはじめ国内外のオーケストラとの共演。室内楽奏者として、NHK交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、ブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団、香港シンフォニエッタ、マレーシア国立交響楽団各奏者との共演など、活発に活動を行なっている。
 
録音は、国内でディスク・クラシカよりCD <Beethoven, Activated>と<ベートーヴェン/リスト:交響曲第7番他>をリリース。ヨーロッパにおいては、ベルリンのKreuzberg Recordより世界初録音の4曲を収録したTrio kuのCDアルバムがリリースされている。
また、iNos Recordsよりインターネット配信限定となる<ムソルグスキー:展覧会の絵>、<ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番>がiTunes、AmazonMP3などを通して世界111ヶ国の国と地域にリリースされている。
 
現在、福山平成大学准教授、エリザベト音楽大学大学院非常勤講師をつとめると同時に、マレーシアのSEGi College universityでのマスタークラス、トーキョーワンダーサイトでのワークショップなど、各地で後進の指導を行っている。

Twitter

訪問者数

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: