記事一覧

都内での週末

この週末は都内で。

土曜日は大学の業務で、学生が現場での体験を積ませて頂く実習関連の協議会。昨今の行政の動きを、省庁の官僚さんから説明を受け、今後の課題や大学に求められていることを学んだ。


ホテルに荷物を置き、そこからは居酒屋で懐かしい高校生時代の友人たちとプチ同窓会。僕の上京に合わせてみんな集まってくれ、バカ笑いしながら夜中まで飲んでた。



翌日の日曜日は、なんとかヨロヨロと起き上がり、池袋経由で秩父へ。

秩父の高橋望さんのご自宅へ伺い、今度のThe Lontano=遠い二重奏のリハーサルを行った。


高橋さんはベンゼンドルファーを使っているので、今回のシューベルト&久保というプログラムには素晴らしい楽器。シューベルトの思い描いていたであろう音色を想像しながら、大作のグラン・デュオの練習に没頭した。それぞれの楽章の性格や流れを意識しながらアンサンブルを作っていく作業は本当にたのしい!





最後に久保さんの作品を合わせて、今日はおしまい。こちらはまだまだじっくりと練習が必要だね。



きっと良い演奏会になるはず。尾道or東京?

どちらもまだチケットの余裕はあるので、良かったら聴きにお越しください!

プロフィール

Noritaka ITO

Author:Noritaka ITO
伊藤憲孝(いとうのりたか)‐ピアノ

1978年生まれ。オランダ・アムステルダム、ドイツ・ベルリンで研鑽を積み、イタリアで行なわれた第18回“チタ・ディ・ヴァレンチノ”国際コンクールで第1位を受賞。日本国内主要都市をはじめ、アメリカ合衆国、ドイツ、オランダ、オーストリア、スロヴァキア、イタリア、セルビア、マレーシア、韓国など世界各国で演奏を行なっている。その演奏は、The New York Times(アメリカ合衆国)をはじめ、Die Neue Zeitschrift für Musik(ドイツ)、Rundfunk Berlin-Brandenburg(ドイツ)などで取り上げられている。スロヴァキア国立歌劇場管弦楽団をはじめ国内外のオーケストラとの共演。室内楽奏者として、NHK交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、ブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団、香港シンフォニエッタ、マレーシア国立交響楽団各奏者との共演など、活発に活動を行なっている。
 
録音は、国内でディスク・クラシカよりCD <Beethoven, Activated>と<ベートーヴェン/リスト:交響曲第7番他>をリリース。ヨーロッパにおいては、ベルリンのKreuzberg Recordより世界初録音の4曲を収録したTrio kuのCDアルバムがリリースされている。
また、iNos Recordsよりインターネット配信限定となる<ムソルグスキー:展覧会の絵>、<ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番>がiTunes、AmazonMP3などを通して世界111ヶ国の国と地域にリリースされている。
 
現在、福山平成大学准教授、エリザベト音楽大学大学院非常勤講師をつとめると同時に、マレーシアのSEGi College universityでのマスタークラス、トーキョーワンダーサイトでのワークショップなど、各地で後進の指導を行っている。

Twitter

訪問者数

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: