記事一覧

マッタリが地域を繋ぐ



春の午後をお寺でマッタリ。マッタリが地域を繋ぐ!?


[MORプロジェクト=Music over Regions=地域を繋ぐ音楽]
と題して、瀬戸内の雛びた古都尾道の妙宣寺で、マッタリと楽しむイベントを企画している。
各地域からのアーティストたちが尾道に集まり、なおかつその収益はすべて「被災地へピアノを届ける会」を通して、東日本大震災の被災地支援へと充てる。こんな繋がりから、地域を結んでいければと思っている。


今回の柱は、「音楽・美術・料理」の三本。
まず音楽だが、今回の顧問をつとめる音楽ジャーナリストの池田卓夫さんのプロデュース&楽しい司会で、僕と高橋望さんでやっているピアノ連弾デュオの「The Lontano=遠い二重奏」が出演する。プログラムはメンデルスゾーンの交響曲第3番スコットランド(作曲家本人によるピアノ連弾編曲版!!)を中心に、シューベルトの幻想曲、軍隊行進曲と連弾の魅力をたっぷりとお楽しみ頂けるものだ。

さらにそれに先立っては、関西を拠点に活躍する作曲家の橋爪さんが、今回のプロジェクトのために書き下ろして下さった「トイピアノのためのファンファーレ」の初演でイベントの幕をあける。



演奏会の前後や合間には、ぜひ美術作品を鑑賞してマッタリ過ごして頂きたい。
尾道大学美術学科の学生13名の作品が境内の至るところに展示されているので、ぜひくまなくご覧頂ければと思う。参加メンバーは下記のフライヤーをご参照に。


終演後は料理を楽しんでいただく。こちらも凄い料理人が参加してくれることは、もうフライヤーを見れば一目瞭然だよね!
どんな料理が食べれるのか、今から僕もワクワクしているのだ!


一つ注意点は、飲み物のサービスはないということ。なので、皆さんお酒でもジュースでも何でも飲みたいものをご自身で持ってきてくださいね。


チケットは残りわずか。ご興味のあるかたはお早めに。ちなみに今回は学生券はなく一律3500円です。ただし、未就学児は同伴の上無料でご入場頂けます、さらにご希望のかたは保育サービスを受けることも出来ますので、遠慮なくお申し出下さい!


それでは、当日マッタリと皆さんをお待ちしています。



マッタリが地域を繋ぐ!!

プロフィール

Noritaka ITO

Author:Noritaka ITO
伊藤憲孝(いとうのりたか)‐ピアノ

1978年生まれ。オランダ・アムステルダム、ドイツ・ベルリンで研鑽を積み、イタリアで行なわれた第18回“チタ・ディ・ヴァレンチノ”国際コンクールで第1位を受賞。日本国内主要都市をはじめ、アメリカ合衆国、ドイツ、オランダ、オーストリア、スロヴァキア、イタリア、セルビア、マレーシア、韓国など世界各国で演奏を行なっている。その演奏は、The New York Times(アメリカ合衆国)をはじめ、Die Neue Zeitschrift für Musik(ドイツ)、Rundfunk Berlin-Brandenburg(ドイツ)などで取り上げられている。スロヴァキア国立歌劇場管弦楽団をはじめ国内外のオーケストラとの共演。室内楽奏者として、NHK交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、ブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団、香港シンフォニエッタ、マレーシア国立交響楽団各奏者との共演など、活発に活動を行なっている。
 
録音は、国内でディスク・クラシカよりCD <Beethoven, Activated>と<ベートーヴェン/リスト:交響曲第7番他>をリリース。ヨーロッパにおいては、ベルリンのKreuzberg Recordより世界初録音の4曲を収録したTrio kuのCDアルバムがリリースされている。
また、iNos Recordsよりインターネット配信限定となる<ムソルグスキー:展覧会の絵>、<ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番>がiTunes、AmazonMP3などを通して世界111ヶ国の国と地域にリリースされている。
 
現在、福山平成大学准教授、エリザベト音楽大学大学院非常勤講師をつとめると同時に、マレーシアのSEGi College universityでのマスタークラス、トーキョーワンダーサイトでのワークショップなど、各地で後進の指導を行っている。

Twitter

訪問者数

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: