記事一覧

ライコネン見聞録:F1ハンガリーGP

夏休み前最後のレースはハンガロリンク。ここは兎に角抜けないですからね、恐ろしいまでのパレードラップになる退屈なレースになる可能性が高いわけですが、時として天候のさじ加減でとんでもなく面白いレースになったりします。


今回は面白くなるほうにサイコロの目がでましたね、今シーズンのベストレースの一つと言っても良いと思いますが、F1の人気が落ちているというのが、色々不満はあるとはいえ、個人的には信じられませんね。




さて我らがキミ・ライコネン。前日の予選ではチームからの指示で1アタックだけ行い、Q1落ちとなってしまいました。本人はそのことに怒りを感じていたようで、その気持ちは分かりますがチームメートのアロンソは同じ作戦で楽々Q2突破を決めてますからね、ファンとしてはフラストレーションが溜まります。


抜きにくいハンガロリンクで予選16位(1つ繰り上がりました)からのスタートで、今回も失望のレースだろうと思っていたのですが、SCに助けられたとはいえ、終わってみれば今期、そしてフェラーリ復帰からのベストリザルトとなる6位と、久しぶりに良いレースをみせてくれました。これで予選が良かったらなあ…と思っちゃいますが、後半戦の巻き返しに期待しましょう。




さて、レースの注目点。

1.白熱のトップ争い
手に汗握る白熱のバトルがすさまじかったですね~。正直リカルドがここまで凄いドライバーだとは思ってもみなかったです。

タイヤ戦略の違いはあるとはいえ、ハミルトンへのオーバーテイクは見事の一言。興奮しました!



2.ハミルトンの怒涛の追い上げと、チームオーダー
予選で火を吹き、車を新調してピットレーンからのスタートとなったハミルトンですが、凄い追い上げでしたね。ポールからスタートしたロズベルクとのポイント差を広げられるどころか、逆に詰めてくるとは!これだからレースは何があるかわからないんですよね。
中でも二人の勝負を分けたのは、物議を醸すチームオーダーと、それを無視したハミルトン。チームで戦っているわけですが、同時にドライバーチャンピオンを決めるわけですので、ラウダが明言している通り、ここはチームオーダーなしのガチンコで良かったんではないでしょうか。
例えハミルトンが素直に従ったとしても遺恨は残るでしょうし、結果的に従わなかった今も遺恨がありますよね。



3.駄馬で勝利に挑んだアロンソ
流石です、流石です。僕はアロンソが政治的にみえてしまって、決して贔屓のドライバーではないんですが、この人が世界最高のドライバーの一人ということに異論はありません。挑戦的なタイヤ戦略で駄馬にムチをいれて勝利に挑んだ姿勢は、アロンソだからこそ出来たことだと思います。
これと同じことは今のライコネンでは出来ないでしょうね…ファンとしては早くチームメートのアロンソとガチンコでやりあうキミを観たいものです。



それにしても近年まれにみる面白いレースでした。退屈だと思っていたハンガロリンクへの認識を改めましたね!

プロフィール

Noritaka ITO

Author:Noritaka ITO
伊藤憲孝(いとうのりたか)‐ピアノ

1978年生まれ。オランダ・アムステルダム、ドイツ・ベルリンで研鑽を積み、イタリアで行なわれた第18回“チタ・ディ・ヴァレンチノ”国際コンクールで第1位を受賞。日本国内主要都市をはじめ、アメリカ合衆国、ドイツ、オランダ、オーストリア、スロヴァキア、イタリア、セルビア、マレーシア、韓国など世界各国で演奏を行なっている。その演奏は、The New York Times(アメリカ合衆国)をはじめ、Die Neue Zeitschrift für Musik(ドイツ)、Rundfunk Berlin-Brandenburg(ドイツ)などで取り上げられている。スロヴァキア国立歌劇場管弦楽団をはじめ国内外のオーケストラとの共演。室内楽奏者として、NHK交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、ブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団、香港シンフォニエッタ、マレーシア国立交響楽団各奏者との共演など、活発に活動を行なっている。
 
録音は、国内でディスク・クラシカよりCD <Beethoven, Activated>と<ベートーヴェン/リスト:交響曲第7番他>をリリース。ヨーロッパにおいては、ベルリンのKreuzberg Recordより世界初録音の4曲を収録したTrio kuのCDアルバムがリリースされている。
また、iNos Recordsよりインターネット配信限定となる<ムソルグスキー:展覧会の絵>、<ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番>がiTunes、AmazonMP3などを通して世界111ヶ国の国と地域にリリースされている。
 
現在、福山平成大学准教授、エリザベト音楽大学大学院非常勤講師をつとめると同時に、マレーシアのSEGi College universityでのマスタークラス、トーキョーワンダーサイトでのワークショップなど、各地で後進の指導を行っている。

Twitter

訪問者数

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: