記事一覧

現地観戦記:7/31 カープvsドラゴンズ

東京からいらっしゃったカープファンで、尊敬する大先輩音楽家を囲む会で、皆でカープを観に行きました。

三塁側の飲み放題つきプランを押さえて頂いたのですが、これが良いですね!ゆったりと見れますし、ビールもグイグイいけて最高でした!




結果は敗北でしたが、多くのかたと盛り上がれて楽しかったですね。



目下、ヒタヒタと迫ってきているドラゴンズとの一戦。なんだかんだで、上のジャイアンツ、タイガースばかりをみているわけにいかなくなったカープですが、一戦必勝の気構えで戦ってもらいたいと思います。




先発は戸田vs伊藤。


序盤はキラのホームランなどでカープが先制し、一気に勝利に持ち込めるかと思っていたのですが、中盤に突如戸田が崩れての同点、その後中崎が失点しての敗北となりました。
投手陣の若さが全面に出てしまった結果ですが、試合の流れを押さえるピッチングがこの二人なら近い将来にできるようになりますよね!




期待の打線も中盤以降は不発で、淡白な攻撃に終始してしまったように思います。


この人の1発も観たかったなあ…





カープは移動日なしで、昨日からから首位ジャイアンツとの三連戦。初戦はマエケンで引き分け、今日は大瀬良の好投もありながらも敗北となりました。明日は何がなんでも取ってほしい!


頑張れカープ!!!

プロフィール

Noritaka ITO

Author:Noritaka ITO
伊藤憲孝(いとうのりたか)‐ピアノ

1978年生まれ。オランダ・アムステルダム、ドイツ・ベルリンで研鑽を積み、イタリアで行なわれた第18回“チタ・ディ・ヴァレンチノ”国際コンクールで第1位を受賞。日本国内主要都市をはじめ、アメリカ合衆国、ドイツ、オランダ、オーストリア、スロヴァキア、イタリア、セルビア、マレーシア、韓国など世界各国で演奏を行なっている。その演奏は、The New York Times(アメリカ合衆国)をはじめ、Die Neue Zeitschrift für Musik(ドイツ)、Rundfunk Berlin-Brandenburg(ドイツ)などで取り上げられている。スロヴァキア国立歌劇場管弦楽団をはじめ国内外のオーケストラとの共演。室内楽奏者として、NHK交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、ブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団、香港シンフォニエッタ、マレーシア国立交響楽団各奏者との共演など、活発に活動を行なっている。
 
録音は、国内でディスク・クラシカよりCD <Beethoven, Activated>と<ベートーヴェン/リスト:交響曲第7番他>をリリース。ヨーロッパにおいては、ベルリンのKreuzberg Recordより世界初録音の4曲を収録したTrio kuのCDアルバムがリリースされている。
また、iNos Recordsよりインターネット配信限定となる<ムソルグスキー:展覧会の絵>、<ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番>がiTunes、AmazonMP3などを通して世界111ヶ国の国と地域にリリースされている。
 
現在、福山平成大学准教授、エリザベト音楽大学大学院非常勤講師をつとめると同時に、マレーシアのSEGi College universityでのマスタークラス、トーキョーワンダーサイトでのワークショップなど、各地で後進の指導を行っている。

Twitter

訪問者数

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: