記事一覧

酒井健治さんの音楽

【―協働― 作曲家・酒井健治の音と耳の宇宙】にお越しくださった皆さん、本当にありがとうございました。

鮮烈な酒井健治さんの音楽をお楽しみ頂けましたでしょうか?会場の雰囲気を肌で感じる限りでは、皆さん喜んで下さっていたと感じ、とても嬉しかったです。

これも一緒に企画を立ち上げた徳永崇さん、共演の後藤絢子さんと小林良子さん、そして何よりも素晴らしい作曲家、そして広島を訪れて下さって酒井健治さんのお陰ですね。



個人的にはトークセッション、演奏とも何とか無事に終えたという感じで、タフなプログラムを終えた安堵感と同時に、完成度を十分な水準まで高められなかった悔しさが同居しています。

特に緊張してしまうと、途端にコントロールを失い音色などのニュアンスを表現できない左手は、ひっぱたいてやりたいなあ…と思いながら帰宅しました。
その思いをわかっていたのか、待ち受けていた銀太郎(猫)にもニャゴゥア~と渇を入れられながら左手を引っ掛かれ、絆創膏を貼って眠る羽目になりました。まだまだ精進ですねえ…

とはいえ、ケンジさんの音楽をこれからずっと弾いていきたいと思っているので、ここがスタートラインなんです。作品の素晴らしさをもっと表現出きるよう、これからも取り組んでいくつもりです。


打ち上げも最高でした、素晴らしい仲間に囲まれて最高の一夜でした!皆さん、ありがとね!


(写真:リハーサルの様子)




(写真:トークセッションの様子)










プロフィール

Noritaka ITO

Author:Noritaka ITO
伊藤憲孝(いとうのりたか)‐ピアノ

1978年生まれ。オランダ・アムステルダム、ドイツ・ベルリンで研鑽を積み、イタリアで行なわれた第18回“チタ・ディ・ヴァレンチノ”国際コンクールで第1位を受賞。日本国内主要都市をはじめ、アメリカ合衆国、ドイツ、オランダ、オーストリア、スロヴァキア、イタリア、セルビア、マレーシア、韓国など世界各国で演奏を行なっている。その演奏は、The New York Times(アメリカ合衆国)をはじめ、Die Neue Zeitschrift für Musik(ドイツ)、Rundfunk Berlin-Brandenburg(ドイツ)などで取り上げられている。スロヴァキア国立歌劇場管弦楽団をはじめ国内外のオーケストラとの共演。室内楽奏者として、NHK交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、ブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団、香港シンフォニエッタ、マレーシア国立交響楽団各奏者との共演など、活発に活動を行なっている。
 
録音は、国内でディスク・クラシカよりCD <Beethoven, Activated>と<ベートーヴェン/リスト:交響曲第7番他>をリリース。ヨーロッパにおいては、ベルリンのKreuzberg Recordより世界初録音の4曲を収録したTrio kuのCDアルバムがリリースされている。
また、iNos Recordsよりインターネット配信限定となる<ムソルグスキー:展覧会の絵>、<ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番>がiTunes、AmazonMP3などを通して世界111ヶ国の国と地域にリリースされている。
 
現在、福山平成大学准教授、エリザベト音楽大学大学院非常勤講師をつとめると同時に、マレーシアのSEGi College universityでのマスタークラス、トーキョーワンダーサイトでのワークショップなど、各地で後進の指導を行っている。

Twitter

訪問者数

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: