記事一覧

現地観戦記 6/5 VSイーグルス



念願の黒田投手を生で復帰後初めて観ました。
素晴らしい投球に痺れましたね!特に満塁のピンチでの気迫のピッチング、それにファインプレーで見事に応えた新井選手との連携にはグッとくるものがありました。
内容もストライク先行で要所を押さえ、流石という投球をみせてくれて、大満足でした。


試合は満塁での鈴木誠也選手の見事な2点タイムリーが最高潮の盛り上がりでした‼そこまで安定したピッチングを続けていた辛島投手が、制球を乱しスリーボールノーストライク。誰もが一球は見送る(おそらく辛島投手も……)と思っていましたが、そこを完璧に捉えてのタイムリー、見事でした。



8回はヒース、9回は戸田~中崎と繋いだ時は球場全体が騒然としましたが、今日は緒方采配がピシリとはまりましたね。ヒースは1発を浴びたものの、これから勝ちパターンを構築していって欲しいと思います。

今日は毎年恒例の3年生の学生を連れての観戦となりました。初の野球観戦となった学生もいたのですが、カープの勝利に大いに盛り上がり存分に楽しんでくれました。

最後は皆でパシャり。

プロフィール

Noritaka ITO

Author:Noritaka ITO
伊藤憲孝(いとうのりたか)‐ピアノ

1978年生まれ。オランダ・アムステルダム、ドイツ・ベルリンで研鑽を積み、イタリアで行なわれた第18回“チタ・ディ・ヴァレンチノ”国際コンクールで第1位を受賞。日本国内主要都市をはじめ、アメリカ合衆国、ドイツ、オランダ、オーストリア、スロヴァキア、イタリア、セルビア、マレーシア、韓国など世界各国で演奏を行なっている。その演奏は、The New York Times(アメリカ合衆国)をはじめ、Die Neue Zeitschrift für Musik(ドイツ)、Rundfunk Berlin-Brandenburg(ドイツ)などで取り上げられている。スロヴァキア国立歌劇場管弦楽団をはじめ国内外のオーケストラとの共演。室内楽奏者として、NHK交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、ブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団、香港シンフォニエッタ、マレーシア国立交響楽団各奏者との共演など、活発に活動を行なっている。
 
録音は、国内でディスク・クラシカよりCD <Beethoven, Activated>と<ベートーヴェン/リスト:交響曲第7番他>をリリース。ヨーロッパにおいては、ベルリンのKreuzberg Recordより世界初録音の4曲を収録したTrio kuのCDアルバムがリリースされている。
また、iNos Recordsよりインターネット配信限定となる<ムソルグスキー:展覧会の絵>、<ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番>がiTunes、AmazonMP3などを通して世界111ヶ国の国と地域にリリースされている。
 
現在、福山平成大学准教授、エリザベト音楽大学大学院非常勤講師をつとめると同時に、マレーシアのSEGi College universityでのマスタークラス、トーキョーワンダーサイトでのワークショップなど、各地で後進の指導を行っている。

Twitter

訪問者数

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: