記事一覧

キリル・ペトレンコ+ベルリン・フィル

昨日発表されたベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が、キリル・ペトレンコをサイモン・ラトルの後任に選んだというニュースに、多くの音楽ファンが驚かれたのではないでしょうか。


僕の予想では、新時代を南米と構築するという意図をもってドゥダメル、もしくは躍進著しいネルソンスかなあと思っていたので、ペトレンコとの発表にはむちゃくちゃ驚きました‼


僕がペトレンコの演奏を聴いたのは、わずかに二度。
1度目は、僕がベルリンにいた頃に彼がシェフを勤めていたベルリン・コミッシェ・オーパーでのモーツァルト《後宮からの逃走》です。楽しかったですねぇ、生き生きとしてかつしなやかで躍動感に満ちた演奏で、このオペラの魅力を存分に堪能させてもらいました。とはいえ、当時はバレンボイムが州立歌劇場に、ティーレマンがベルリン・ドイツ・オペラにと重量級が揃っていましたので、とうしてもそちら2つに足を運ぶことが多かったです。

2度目は、ベルリン・フィルへの客演。プログラムに含まれていたフンメルのトランペット協奏曲が珍しかったことは記憶していますが、あとはもう全く印象に残っていません(汗)(汗)。それどころか最も退屈な演奏会として、僕のなかに‥‥‥‥


こう書いてみると、自分の慧眼のなさを痛感しますね(汗)(汗)。


いつの日か、この新たな組合せを聴けることを楽しみにしています。

プロフィール

Noritaka ITO

Author:Noritaka ITO
伊藤憲孝(いとうのりたか)‐ピアノ

1978年生まれ。オランダ・アムステルダム、ドイツ・ベルリンで研鑽を積み、イタリアで行なわれた第18回“チタ・ディ・ヴァレンチノ”国際コンクールで第1位を受賞。日本国内主要都市をはじめ、アメリカ合衆国、ドイツ、オランダ、オーストリア、スロヴァキア、イタリア、セルビア、マレーシア、韓国など世界各国で演奏を行なっている。その演奏は、The New York Times(アメリカ合衆国)をはじめ、Die Neue Zeitschrift für Musik(ドイツ)、Rundfunk Berlin-Brandenburg(ドイツ)などで取り上げられている。スロヴァキア国立歌劇場管弦楽団をはじめ国内外のオーケストラとの共演。室内楽奏者として、NHK交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、ブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団、香港シンフォニエッタ、マレーシア国立交響楽団各奏者との共演など、活発に活動を行なっている。
 
録音は、国内でディスク・クラシカよりCD <Beethoven, Activated>と<ベートーヴェン/リスト:交響曲第7番他>をリリース。ヨーロッパにおいては、ベルリンのKreuzberg Recordより世界初録音の4曲を収録したTrio kuのCDアルバムがリリースされている。
また、iNos Recordsよりインターネット配信限定となる<ムソルグスキー:展覧会の絵>、<ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番>がiTunes、AmazonMP3などを通して世界111ヶ国の国と地域にリリースされている。
 
現在、福山平成大学准教授、エリザベト音楽大学大学院非常勤講師をつとめると同時に、マレーシアのSEGi College universityでのマスタークラス、トーキョーワンダーサイトでのワークショップなど、各地で後進の指導を行っている。

Twitter

訪問者数

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: