記事一覧

Field of Music:芝生と聴く音楽




明日は、この芝生が皆さんの客席です。

「Field of Music:芝生と聴く音楽」と題して、僕が教員をしている福山平成大学にて野外コンサートが催されます。

ヨーロッパですと、ベルリンのワルトビューネ=森の舞台が代表するように、人びとの生活の中にこのてのピクニックコンサートが根付いていると思うのですが、日本国内ではそれほど数が多くないのでは、と思います。


タイトルの「Field of Music」は、皆さんお気づきの通り名作映画の「Field of Dreams」をもじったものです。もじっただけで、決してパクり……佐○氏の手法をお借りしたわけではないですよ~(笑)。
音楽を共有する場から、学生たちの夢を実現する現場へとより発展させていきたいという思いを込めました。


「芝生と聴く音楽」は、目を通して下さった先生方からは「芝生と」ではなく「芝生で」の間違いではないか、文法としておかしいのでは、との極めて正しい指摘(笑)を受けました!全くもっておっしゃる通りで、ぐうの音も出なかったのです!
とはいえ、この「と」には深い思いがこもっていて、僕たちの財産ともいえる芝生=自然とともに奏でる音楽という意味を込めています。


曲目も、自然に因んだ作品を選んでみました。
夕方からは冷えてくるので、敷物と羽織り物があると良いと思います!

入場はどなたでも可能で、しかも無料です!
多くの方のお越しをお待ちしておりますね。


プロフィール

Noritaka ITO

Author:Noritaka ITO
伊藤憲孝(いとうのりたか)‐ピアノ

1978年生まれ。オランダ・アムステルダム、ドイツ・ベルリンで研鑽を積み、イタリアで行なわれた第18回“チタ・ディ・ヴァレンチノ”国際コンクールで第1位を受賞。日本国内主要都市をはじめ、アメリカ合衆国、ドイツ、オランダ、オーストリア、スロヴァキア、イタリア、セルビア、マレーシア、韓国など世界各国で演奏を行なっている。その演奏は、The New York Times(アメリカ合衆国)をはじめ、Die Neue Zeitschrift für Musik(ドイツ)、Rundfunk Berlin-Brandenburg(ドイツ)などで取り上げられている。スロヴァキア国立歌劇場管弦楽団をはじめ国内外のオーケストラとの共演。室内楽奏者として、NHK交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、ブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団、香港シンフォニエッタ、マレーシア国立交響楽団各奏者との共演など、活発に活動を行なっている。
 
録音は、国内でディスク・クラシカよりCD <Beethoven, Activated>と<ベートーヴェン/リスト:交響曲第7番他>をリリース。ヨーロッパにおいては、ベルリンのKreuzberg Recordより世界初録音の4曲を収録したTrio kuのCDアルバムがリリースされている。
また、iNos Recordsよりインターネット配信限定となる<ムソルグスキー:展覧会の絵>、<ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番>がiTunes、AmazonMP3などを通して世界111ヶ国の国と地域にリリースされている。
 
現在、福山平成大学准教授、エリザベト音楽大学大学院非常勤講師をつとめると同時に、マレーシアのSEGi College universityでのマスタークラス、トーキョーワンダーサイトでのワークショップなど、各地で後進の指導を行っている。

Twitter

訪問者数

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: