記事一覧

鈴木俊哉さんのリコーダーと!

数年前の入野賞だったと記憶しています。鈴木俊哉さんの特殊奏法を軽々とこなす素晴らしい演奏に度肝を抜かれた時から、いつかこんな素晴らしい演奏家と共演してみたいと熱望してました。その願いが昨日叶いましたね。



僕と作曲家で広島大学准教授の徳永崇さんとでやっている「山陽トクイ連合」というふざけた名前のユニットで、鈴木俊哉さんを広島へとお招きしました。


前半は、リコーダーの特殊奏法をつかったワークショップ。後半が僕とのデュオでのコンサートという内容でしたが、熱気溢れるお客さんたちが詰めかけて下さり、とても嬉しかったです!


ワークショップは、大盛況で予想をこえる参加者をお迎えし、和気あいあいとした雰囲気が良かったですねえ!





演奏会では、僕にとってはじめて弾くことになったポジティフ・オルガンで中世の作品を、ピアノ&オルガンの持ち替え!!で徳永さんの「AMA 1g」を演奏しました。

オルガンがはじめて家にきたときは、どうしよう~これはひけれんかもしれん……と思ってましたが、何とか格好はつきました。セルマ、プレストンといった普段ピアノで弾くことのないレパートリーへ触れることができて、めちゃめちゃ勉強になりました。


徳永さんの作品は、前日に曲中でのピアノとオルガンとの持ち替えを自ら提案し、ハードルを上げちゃったんですが、悪くない出来だったと思いました!


素晴らしい経験をさせてもらい、感謝!!

プロフィール

Noritaka ITO

Author:Noritaka ITO
伊藤憲孝(いとうのりたか)‐ピアノ

1978年生まれ。オランダ・アムステルダム、ドイツ・ベルリンで研鑽を積み、イタリアで行なわれた第18回“チタ・ディ・ヴァレンチノ”国際コンクールで第1位を受賞。日本国内主要都市をはじめ、アメリカ合衆国、ドイツ、オランダ、オーストリア、スロヴァキア、イタリア、セルビア、マレーシア、韓国など世界各国で演奏を行なっている。その演奏は、The New York Times(アメリカ合衆国)をはじめ、Die Neue Zeitschrift für Musik(ドイツ)、Rundfunk Berlin-Brandenburg(ドイツ)などで取り上げられている。スロヴァキア国立歌劇場管弦楽団をはじめ国内外のオーケストラとの共演。室内楽奏者として、NHK交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、ブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団、香港シンフォニエッタ、マレーシア国立交響楽団各奏者との共演など、活発に活動を行なっている。
 
録音は、国内でディスク・クラシカよりCD <Beethoven, Activated>と<ベートーヴェン/リスト:交響曲第7番他>をリリース。ヨーロッパにおいては、ベルリンのKreuzberg Recordより世界初録音の4曲を収録したTrio kuのCDアルバムがリリースされている。
また、iNos Recordsよりインターネット配信限定となる<ムソルグスキー:展覧会の絵>、<ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番>がiTunes、AmazonMP3などを通して世界111ヶ国の国と地域にリリースされている。
 
現在、福山平成大学准教授、エリザベト音楽大学大学院非常勤講師をつとめると同時に、マレーシアのSEGi College universityでのマスタークラス、トーキョーワンダーサイトでのワークショップなど、各地で後進の指導を行っている。

Twitter

訪問者数

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: