記事一覧

第1回ブルーメンシュタインピアノコンクール全国大会

この週末、都内にいました。

日曜日に行われました「第1回ブルーメンシュタインピアノコンクール全国大会」の審査を担当させてもらいました。北風ピューピューのえらい寒い日でしたが、会場となった「すみだトリフォニーホール」には皆さんの熱演が響いていましたね。

点をつけさせて頂くものとして、1音たりとも聴き逃さないつもりで集中して聴かせてもらいました。

初級から上級までそれぞれ個性豊かな演奏を聴かせて頂き、僕も本当に楽しませてもらいました。結果は皆さんのご存じの通りで、それぞれに受け止め方は異なると思うのですが、このコンクールでの経験がこれからの励みになってくださることを願ってやみません。

僕のお役目は、全体総評ってことで、こんな感じでおしゃべりをさせてもらいました。

あけて翌日の今日は、両国をぶらぶらしてから帰宅。

途中、陸奥部屋の2階で床山さんが髷を結っている姿がガラス越しに見えたので、その様子を見ていると「写真とっていきなよ!」とお声かけ頂き、三段目の安井さんが降りてきてくれて写真をとってくれました。初めて力士に会って話をして、しかも握手までしてもらって!! もうこれは大ファンになっちゃうわけですよ。これから陸奥部屋の安井押しで熱烈応援していきます!!

プロフィール

Noritaka ITO

Author:Noritaka ITO
伊藤憲孝(いとうのりたか)‐ピアノ

1978年生まれ。オランダ・アムステルダム、ドイツ・ベルリンで研鑽を積み、イタリアで行なわれた第18回“チタ・ディ・ヴァレンチノ”国際コンクールで第1位を受賞。日本国内主要都市をはじめ、アメリカ合衆国、ドイツ、オランダ、オーストリア、スロヴァキア、イタリア、セルビア、マレーシア、韓国など世界各国で演奏を行なっている。その演奏は、The New York Times(アメリカ合衆国)をはじめ、Die Neue Zeitschrift für Musik(ドイツ)、Rundfunk Berlin-Brandenburg(ドイツ)などで取り上げられている。スロヴァキア国立歌劇場管弦楽団をはじめ国内外のオーケストラとの共演。室内楽奏者として、NHK交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、ブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団、香港シンフォニエッタ、マレーシア国立交響楽団各奏者との共演など、活発に活動を行なっている。
 
録音は、国内でディスク・クラシカよりCD <Beethoven, Activated>と<ベートーヴェン/リスト:交響曲第7番他>をリリース。ヨーロッパにおいては、ベルリンのKreuzberg Recordより世界初録音の4曲を収録したTrio kuのCDアルバムがリリースされている。
また、iNos Recordsよりインターネット配信限定となる<ムソルグスキー:展覧会の絵>、<ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番>がiTunes、AmazonMP3などを通して世界111ヶ国の国と地域にリリースされている。
 
現在、福山平成大学准教授、エリザベト音楽大学大学院非常勤講師をつとめると同時に、マレーシアのSEGi College universityでのマスタークラス、トーキョーワンダーサイトでのワークショップなど、各地で後進の指導を行っている。

Twitter

訪問者数

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: