記事一覧

「スクリャービンと酒井健治のピアニズム~跳躍と絡み合うテクニック」

「スクリャービンと酒井健治のピアニズム~跳躍と絡み合うテクニック」と題して、ここのとこ僕が興味をひかれている二人の作曲家の作品を演奏しました。レクチャー形式でのコンサートってことで、壁にパワポを写しながら、主にテクニックから音楽に迫ってみようってのが、今回のテーマでした。

この二人の作曲家の音楽、驚くほど違いますけどテクニックという側面からみると、脈々と受け継がれてきたピアニズムの上にあるからこそ成り立っているものなんですよね。今回はその辺を着目点として、色々な例を上げて、そこで使われているテクニックがどういう意味を持っていたり、また演奏するときにどういう難しさが伴うのかといったことをお話しさせてもらいました。

次回は3/19、今度は主に色彩感に焦点を当てて、再びこの二人の音楽に迫ってみようと思いますので、みなさまぜひお越し下さい。

終演後は、四人ほどレッスンをさせてもらいましたが、こちらも皆さんそれぞれの素敵な音楽が聴けて楽しかったです!!

プロフィール

Noritaka ITO

Author:Noritaka ITO
伊藤憲孝(いとうのりたか)‐ピアノ

1978年生まれ。オランダ・アムステルダム、ドイツ・ベルリンで研鑽を積み、イタリアで行なわれた第18回“チタ・ディ・ヴァレンチノ”国際コンクールで第1位を受賞。日本国内主要都市をはじめ、アメリカ合衆国、ドイツ、オランダ、オーストリア、スロヴァキア、イタリア、セルビア、マレーシア、韓国など世界各国で演奏を行なっている。その演奏は、The New York Times(アメリカ合衆国)をはじめ、Die Neue Zeitschrift für Musik(ドイツ)、Rundfunk Berlin-Brandenburg(ドイツ)などで取り上げられている。スロヴァキア国立歌劇場管弦楽団をはじめ国内外のオーケストラとの共演。室内楽奏者として、NHK交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、ブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団、香港シンフォニエッタ、マレーシア国立交響楽団各奏者との共演など、活発に活動を行なっている。
 
録音は、国内でディスク・クラシカよりCD <Beethoven, Activated>と<ベートーヴェン/リスト:交響曲第7番他>をリリース。ヨーロッパにおいては、ベルリンのKreuzberg Recordより世界初録音の4曲を収録したTrio kuのCDアルバムがリリースされている。
また、iNos Recordsよりインターネット配信限定となる<ムソルグスキー:展覧会の絵>、<ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番>がiTunes、AmazonMP3などを通して世界111ヶ国の国と地域にリリースされている。
 
現在、福山平成大学准教授、エリザベト音楽大学大学院非常勤講師をつとめると同時に、マレーシアのSEGi College universityでのマスタークラス、トーキョーワンダーサイトでのワークショップなど、各地で後進の指導を行っている。

Twitter

訪問者数

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: