オンラインでの『盲導犬チャリティーコンサート -あなたの心で+ワン-』

https://youtu.be/4VUI2CfYG5I

↑オンラインでの『盲導犬チャリティーコンサート -あなたの心で+ワン-』を開催します。
日時は、7月5日㈰の16時から16時45分の予定です。視聴は無料で、ライブ配信中の資料者数×100円(上限は10万円です)を、㈶日本盲導犬協会(http://www.moudouken.net/)に寄付します。



プログラムは、今年生誕250周年を迎えたベートーヴェンのソナタから《悲愴》と《月光》を、そして僕にとってコロナ禍の慰めとなってくれたブラームスの作品118から間奏曲を演奏します。

僕は2007年に欧州から帰国し、何とか職を得て、音楽に関りながら生活ができるようになりました。
留学生活、そして帰国直後の不安定な状況の中で、僕が不安に感じていたことは、「自分と社会とが、音楽で隔絶していないか」ということでした。社会と音楽が繋がっていると自己認証するため、全くの自己満足のために始めたのが「盲導犬チャリティーコンサート」でした。



運営組織として立ち上げた「あなたの心で+ワン実行委員会」主催で、2008年8月26日に初めてのチャリティーコンサートを行いました。また、この日は実行委員会の名付け親でもある、妻の誕生日でもありました。
そこから、様々な方々が手を差し伸べてくださり、毎年実施することができ、募金額も増やすことができました。

今年は、コロナ禍のため予定していた「盲導犬チャリティーコンサート」は中止となりました。その代わりとして、オンラインで実施します。
自宅からの配信なので、音源&画質はしれているとおもいますが、良かったらお付き合いください。


2020070216181033c.jpg



20200702161855882.jpg

コメント

非公開コメント

プロフィール

Noritaka ITO

Author:Noritaka ITO
伊藤憲孝(ピアノ)
1978年生まれ。オランダ・アムステルダム、ドイツ・ベルリンで研鑽を積み、イタリアでの18th Citta di Valentino International Competitionで第1位、アメリカでのGolden Classical Music Awards International Competition第1位を受賞。日本国内主要都市をはじめ、アメリカ合衆国、ドイツ、オランダ、オーストリア、スロヴァキア、イタリア、セルビア、マレーシア、韓国など世界各国で演奏を行なっている。ローマではメディチ荘および在ローマ日本文化会館に招聘され「酒井健治ピアノ作品全曲演奏会」を行うなど、近年は同時代の作曲家の作品に積極的に取り組み、その演奏は、The New York Times(アメリカ合衆国)をはじめ、Die Neue Zeitschrift für Musik(ドイツ)、Rundfunk Berlin-Brandenburg(ドイツ)などで取り上げられている。スロヴァキア国立歌劇場管弦楽団をはじめ国内外のオーケストラとの共演。室内楽奏者として、NHK交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、ブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団、香港シンフォニエッタ、マレーシア国立交響楽団各奏者との共演など、活発に活動を行なっている。
 録音は、国内でディスク・クラシカよりCD <Beethoven, Activated>と<ベートーヴェン/リスト:交響曲第7番他>をリリース。ヨーロッパにおいては、ベルリンのKreuzberg Recordより世界初録音の4曲を収録したTrio kuのCDアルバムがリリースされている。
また、iNos Recordsよりインターネット配信限定となる<ムソルグスキー:展覧会の絵>、<ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番>がiTunes、AmazonMP3などを通して世界111ヶ国の国と地域にリリースされている。
 現在、福山平成大学准教授、エリザベト音楽大学大学院非常勤講師をつとめると同時に、マレーシアのSEGi College universityでのマスタークラス、トーキョーワンダーサイトでのワークショップなど、各地で後進の指導を行っている。

Twitter

訪問者数

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: